読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワシントン酒

アメリカ ワシントン州 シアトル在住。シアトル近辺のブリューワリー巡りがメイン。バンクーバーBCからポートランドの間もカバーしてます。ビール/IPA/ブリュワリー/シアトル/グラウラー @washinshu

Postdoc Brewing

Postdoc Brewing | See life through a different lens.

あけましておめでとうございます。新年最初のブリューワリーは、Postdoc Brewing. 我が家から1番近い、よく行く公園のすぐ脇にある、車で行きやすい、グローサリーからも近いというもろもろの条件が揃って1番頻繁に行っているブリューワリー。Head Brewer が Biochemistry の PhD を持っているので、よく分からんけど何かすごいビールを作ってくれそうな期待感がある。

店は、倉庫やオフィスのある建物の一画に唐突にあるというよくあるスタイル。

f:id:washingtonshu:20170103163652j:image

夏は店の前の駐車場にもイスと机が並べられて牧歌的に飲める。食べ物メニューはないので、フードトラックもこの駐車場によく来ている。
f:id:washingtonshu:20170103165939j:image

新年 1/2 のせいか店はほぼ満席だった。今まで満席になってるのは見たことはなかった。
f:id:washingtonshu:20170103170147j:image

醸造スペースを見ながら飲める席も用意されている。この店は本当にオープンしたてからずっと行っているので、このスペースが進化している様子が見えて感慨深い。
f:id:washingtonshu:20170103170411j:image

テラス席もある。後ろに見える芝生部分がMarymoor park という巨大な公園になっている。私は持ち帰り専門なので店で飲むことはあまりないけど、夏にこのテラス席で飲めたら最高だなと常々思う。
f:id:washingtonshu:20170103170619j:image

ロゴにもなっているビール瓶の栓とゴーグルが合体したような自転車置き場。自転車が盛んな地域なので、自転車乗りがちょっと寄って飲んでいることが多い。今日は真冬で寒いのでスポーツの自転車乗りというよりは、近所からチャリで来たみたいな自転車がとまっている。
f:id:washingtonshu:20170103170925j:image


立地と店、思い入れは最高なんだが、ビールの味は特筆するところもないので、残念ながらやや評価は下がる。
f:id:washingtonshu:20170103171153j:image

Airways Brewing

Airways Brewing Company

 

Kent の昔ながらの商店街にあるブリューワリー。タコマとシアトル間を電車がバンバン走ってるんだが、Kent はその途中駅。駅前にこの古い商店街やショッピングモールもあり、日本的に駅前近くの「繁華街」を楽しめる珍しい街。私は古い商店街巡りもライフワークなんだが、ワシントン州の古い商店街はおもちゃ屋、リサイクルショップがほぼ必ずあって楽しめる。

まず、屋内はライセンスの関係上子供が入れない。そこまでオシャレ感はなく普通のカフェみたいな感じ。
f:id:washingtonshu:20161218085815j:image

子供が店内に入れないのもあって、テラス席で。夏なら迷いなくテラス席なんだが、10月に行ったので気温的にテラス席は迷うところ。ちょうど天気もよく日光もよくあたって暖かかったので、助かった。
f:id:washingtonshu:20161227162447j:image

IPAは二種類あって、軽めの方の Jumbo Juice IPA が美味しかった。上の写真だと、左側の色が薄い方。
f:id:washingtonshu:20161227162922j:image

テラス席の横にはホップが植えてある。ホップが植えてあるブリューワリーに外れはないという法則。
f:id:washingtonshu:20161227162752j:image

 ワシントン州はアメリカのホップ生産の70%以上を占める圧倒的トップ。世界ではアメリカとドイツがトップの座を争っているようたが、ノースウェスト(ワシントン州、オレゴン州、アイダホ州)で世界のホップ生産の42%を占めるというのはびっくり。そりゃブリューワリー横でホップも育ちますわな。

 U.S. surpasses Germany in hop production - Nation - Capital Press

最近キッチンを新しくしたというニュースがあったので、更に美味しい料理が楽しめるようになってるはず。ファミリーフレンドリーにもなったみたい。
f:id:washingtonshu:20161227164747j:image

Airways Brewing making huge progress on the Bistro - Washington Beer Blog


f:id:washingtonshu:20161218085718j:image

Chainline Brewing

Chainline Brewing Company

名前の通り自転車をイメージしたブリューワリー。立地が最高で、トレイルのすぐ脇にあるので、夏には自転車で乗りつけてテラス席でビール飲んでる人が多くいて気持ちよさそう。本当だったら自転車で行きたいけどまだ車でしか行けていない。ダウンタウン カークランドから歩いても行ける。グーグル キャンパスがすぐ隣で、グーグルで働くと仕事帰りにブリューワリー行けると思うと、本当に羨ましい。
f:id:washingtonshu:20161225152846j:image

それに加えて IPA はイーストサイドでは一番美味しいので、とにかくおすすめのブリューワリーということです。

入り口は地味で初めてなら本当にここがブリューワリーなのかと思うくらい。トレイルからの方が正面感がある。
f:id:washingtonshu:20161225152954j:image

入るとタンクが続く。今日はクリスマスイブだったので飾り付けがある。
f:id:washingtonshu:20161225153115j:image

まだまだ余裕があるので拡張の可能性を感じる。今日は Keg が大量に積んであったから結構卸す店も増えてるのかな。
f:id:washingtonshu:20161225155916j:image

店で飲む人も持ち帰る人もレジで頼んでお金を払うので、持ち帰り組もやりやすい。
f:id:washingtonshu:20161225160000j:image

夏は最高なテラス席。
f:id:washingtonshu:20161225160114j:image

あとは、ちょっとした個室みたいなのもあって、たまにパーティーみたいなのをやってて楽しそう。子供用のハイチェアもあってファミリーフレンドリーなのもポイント高い。

住宅街にあるせいか、一人で飲みに来てる30、40代男性が結構いるのも共感できる。土曜昼下がりにブリューワリーにふらりと、、その感じよく分かる。
f:id:washingtonshu:20161225160241j:image

まあとにかくいいコメントしか思い浮かばない。


f:id:washingtonshu:20161225160659j:image

Odin Brewing

Odin Brewing Company

シアトル近辺ではベストと思っているショッピングモール、Southcenter の近くにあるブリューワリー。空港からも近い。モールついでに理由をつけて行けるから、なかなか使い勝手もいい。オーディンという名前の通り、バイキングを意識したようなデザインになっている。
f:id:washingtonshu:20161219185604j:image

数年前に移転したみたいで、すごい立派な建物。
f:id:washingtonshu:20161219182231j:image

 店の作りもふらりとグラウラーで買いやすい。カウンターで飲んでる人たちと同じようにカウンター越しに買うか、レジで普通に買うか、という方式があるけど、ここはレジで買う式。これだとグラウラーで買いやすい。
f:id:washingtonshu:20161219182329j:image

店内も広々。木でできたピクニックテーブルみたいなのが並んでいて、子供が走り回っていても許される雰囲気。現に毎回必ず子連れ客を見る。
f:id:washingtonshu:20161219182538j:image

ここらへんのグローサリーでは Hilliard's というブリューワリーの缶ビールがよく売ってて、缶のデザインがおしゃれなんだが、そのブリューワリーのビールとかグッズが色々と売ってる。何でなんだろうと思ってたら、何と Odin が Hilliard's を買収していたらしい。ローカルのブリューワリー同士で買収というのにもびっくりだし、無名な Odin が有名な Hilliard's を買収したというのにもびっくり。Hilliard's のグッズではこのビール缶型のグラスがかっこいい。
f:id:washingtonshu:20161219182700j:image

で、肝心のビールは、季節ものの Fresh Hop IPA を飲んだんだが、パイナップル感、シトラス感がしっかりあって、Balebreaker を彷彿とさせてうまい。やっぱりブリューワリーで入れてもらうビールはうまい。


f:id:washingtonshu:20161219184705j:image

Malt & Vine

Malt & Vine - Buy Beer and Wine Online - Kegs To Go - Malt And Vine in Redmond, WA

ここはブリューワリーではなくて酒屋。シアトルから湖を渡ったイーストサイドでは、ベストな独立系の酒屋だと思う。理由は、、、

  • webサイトに現在のタップリストが全部載ってて分かりやすい。
  • いつも賑わってて樽の回転がいいおかげだと思うがビールが新鮮。酒屋によっては炭酸が抜けて腑抜けたビールになってる所もちょくちょくあるので重要。
  • 家からまあまあ近い。なので何かのついでに寄りやすい。

 

最近改装工事で閉まってたんだが、再開。外観もあっさりオシャレになった気がする。
f:id:washingtonshu:20161204152631j:image

 Keg の残量表示もあるので、残量が多いと開けたばかり = 新鮮という想像が可能。以前はただのレジだけだったところがカウンターになってスナックみたいになってる。いい感じになったおじさんが帰ろうとしてて、キレイなチャンネーとセックスしてくるわーガハハと店員に言ってたのも更にスナックっぽかった。
f:id:washingtonshu:20161204164718j:image

ここのいいところは長い冷蔵庫が後ろにあって瓶ビール、缶ビールもいろいろと買えるところ。改装後も健在です。
f:id:washingtonshu:20161204165014j:image

少し残念なのが、改装によって酒屋感が消えて、パブやバーぽくなってしまったこと。前は会社帰りに一人で角打ち風に立ち飲みで一杯引っ掛けて帰るみたいなことがしやすかったんだが、今はほぼハイチェアー、ソファーばかりで角打ち派はやや肩身が狭い感じ。

 
f:id:washingtonshu:20161204165603j:image

改装前だと四つ星だったんだが。

 

Lazy Boy Brewing

Lazy Boy Brewing - Home

Everett, WA. 世界最大の建物というボーイング エバレット工場の近く。Everett mall という楽しそうなモールの隣。まさにレイジーボーイな風貌のロゴはなぜかよく見かける気がする。
f:id:washingtonshu:20161203182226j:image

 

ここが入り口?と不安になってしまうくらいハードルの高い入り口。
f:id:washingtonshu:20161128161823j:image

おじさんのパネルが迎えてくれる。まあこれは創業者、ブリューマスター的な人だろう。
f:id:washingtonshu:20161128165949j:image

ちょうどシーホークス戦をやってる時で、来てる人たちは皆シーホークスファン。一体感のある盛り上がりで、試合中にのこのこビール買いに来てる人としてはややきまりが悪い。
f:id:washingtonshu:20161128170046j:image

 注いでくれる所はこじんまり。
f:id:washingtonshu:20161128170227j:image

名前入りのジョッキがたくさんぶら下がってる。マイジョッキかな?
f:id:washingtonshu:20161128170323j:image

で、IPAは苦味とクレープフルーツ風味もバランス取れててちゃんとした味。もっと家から近かったらリピートしたいくらいの美味しさだった。

 


f:id:washingtonshu:20161203182018j:image

ブリューワリー巡りの記録始めます

シアトル近郊に住んでいて、毎週のようにブリューワリー巡りしています。

せっかくなので行ったブリューワリーを記録していこうと思います。アメリカ ワシントン州を中心に。飲むビールの種類はほぼIPA。好きな缶ビールは、Bale Breaker Brewing の Topcutter IPA と、Aslan Brewing の Batch 15。

ひとまずは数十軒あるというシアトル市内のブリューワリー全制覇が目標です。