ワシントン酒

アメリカ ワシントン州 シアトル在住。シアトル近辺のブルワリー巡りがメイン。バンクーバーBCからポートランドの間もカバーしてます。ビール/IPA/ブリュワリー/シアトル/グラウラー/クラフトビール @washinshu

Mac & Jack's Brewery

Mac & Jack's Brewery
f:id:washingtonshu:20170219161400j:image

勝手にイーストサイドのトップスリーと思っているブリュワリーのうちの一つ。この前の Postdoc Brewing と同じ通りで数軒隣。ボトルがあまり出回ってなくて、グラウラーに入れてもらうか、バーやレストランで飲むしかないという貴重な店。ただ老舗で営業力が強いのかレストランや酒屋のタップステーションに置いてあることがとても多い。

郊外のオフィス街にあるので分かりにくい。看板を頼りに。
f:id:washingtonshu:20170219161411j:image

曲がるとドンッとケグが外に山積み。ワイルド。
f:id:washingtonshu:20170219161423j:image

店は醸造所のついでくらいの感じで、とても小さい。
f:id:washingtonshu:20170219161447j:image

入るとすぐにカウンター。ここでグラウラーに入れてもらう。タップルームはなくお持ち帰りのみ!ワイルド。African Amber というのが代表的なビールなのでそれを入れてもらう。
f:id:washingtonshu:20170219161459j:image

横にグッズ売り場が少しある。サイクルジャージがあるのがレドモンドぽい
f:id:washingtonshu:20170219161509j:image

醸造所も開放的で外からよく見える。前来たときは店に人がいなかったから人を探して醸造所をウロウロしてちょっとした見学みたいになったこともあった。
f:id:washingtonshu:20170219161524j:image


f:id:washingtonshu:20170219161306j:image

 

 

Four Generals Brewing

Four Generals Brewing

シアトル、ベルビューの南にあるレントンのダウンタウンにある新しいブリュワリー。レントンは、日本ぽい家電屋 とボーイングがある街という印象。

例によって、昔ながらのいい感じの商店街。
f:id:washingtonshu:20170105171833j:image

ここのポイントは、昔の city hall の建物にブリュワリーがあるところ。向かいにはダウンタウンなのにガンショップがあって、大丈夫か、、という感じ。
f:id:washingtonshu:20170105171619j:image

切り株風の机がいいっすな。IPAが数種類あったので色々と質問してビールを買ったんだが、店の人「試飲する?」、僕「いや、いいっす。」、別の客「兄ちゃんの判断が間違ってるはずはないよな、ガハハ」といった、ザ・田舎の酒場みたいなやり取りがあったのが微笑ましい。
f:id:washingtonshu:20170105171701j:image

醸造所。ケグがザッと並んでいるのがいいっすな。
f:id:washingtonshu:20170105171809j:image

店と立地はいいんだが、味はそんなに特筆すべきところはないので。
f:id:washingtonshu:20170212172932j:image

Geaux Brewing

Geaux Brewing

フランス語っぽくてよく読めないんだが、ゴーブルューイングという感じか。オーナーがニューオーリンズ出身みたいで、それでいろいろフランス語ぽい雰囲気を出している。

ブルュワリーの正面。手作り感があってバタ臭さは否めない。ホームセンターが隣にあるし。
f:id:washingtonshu:20170205144706j:image

ラティスの内側は、夏にはテラス席になる。
f:id:washingtonshu:20170205144716j:image

店に入るとカウンター。これがルイジアナのアトモスフィアなのかな。私がブルュワリーに求めているシャレオツ感ではないことは確か。
f:id:washingtonshu:20170205144735j:image

すぐ大きいスクリーン。以前アメフトのシーホークス戦をやってる時に来たら盛り上がってた。この画面が入り口のすぐ横にあるので、店に入った瞬間皆の視線の威圧感が結構こたえる。
f:id:washingtonshu:20170205144746j:image

IPAはTREMEか。いろいろフランス語ぽい。
f:id:washingtonshu:20170205144804j:image

店の奥から。奥まで来てしまえば居心地はよさそう。
f:id:washingtonshu:20170205144816j:image

店の奥にある醸造所。ケグがたくさん積んであって出荷してるんだろうけど、まだこの店以外のパブとかレストランで置いてあるのは見たことはない。けども、二号店 もオープンしたみたいだし、意外と流行ってるのかもしれない。
f:id:washingtonshu:20170205144827j:image

ビールの味はプロのこなれた味がするのでいいとして、タップルームの雰囲気がなかなかフレンドリーではないのとバタ臭いのがマイナス要因。
f:id:washingtonshu:20170205144639j:image

Perihelion Brewery

Perihelion Brewery

知ってる中ではシアトルで一番新しいブリュワリー。不毛地帯だった Beacon Hill にできたのも熱いし、ライトレールの駅前というのも熱い。こんなに駅前のブリュワリーもなかなかないんじゃないかな。ダウンタウンからライトレールでちよっと飲みに行くという使い方もできそう。あと、URLのドメインが .beer というのも熱い。

正面は、手前にテラス席がある。入りやすい。
f:id:washingtonshu:20170204060551j:image

レジで頼む式。
f:id:washingtonshu:20170204060616j:image

左を見るとオープンキッチンがある。狭いのにちゃんと料理も作ってだしてくれる。この狭さとキッチンの活気がここの良さを引き立てている。
f:id:washingtonshu:20170204060632j:image

右を見ると座席と、その奥に醸造所がある。樽が欄間みたいになってるのも面白い。
f:id:washingtonshu:20170204060703j:image

外のテラス席。テーブルの真ん中には火が燃えている。この席は盛り上がる。
f:id:washingtonshu:20170204060718j:image

向かいのグローサリーの駐車場からの遠景。このゆるい感じがいい。
f:id:washingtonshu:20170204060733j:image

IPAの味もなかなかよかったが、それよりも駅前という立地とブリュワリーの雰囲気で最高評価。
f:id:washingtonshu:20170204060752j:image

Hi-Fi Brewing

Hi-Fi Brewing | For High Quality, Drink Hi-Fi 

Redmond の奥地のオフィスや倉庫があるエリアにひっそりとあるブリューワリー。よく分からんけどすごい人の記事で、金曜はここでビール飲みながら仕事してるというのを見て、会社のサイトでそんなのを肯定していいんだ、とびっくりしたことで知った。隠れ家感があって私も結構好きなところでもある。

夜行くと真っ暗。写真からは見えないけど、プレスリーの胸像みたいなのが光っている。

f:id:washingtonshu:20170122160220j:image

ここはカウンターで注文する方式。スキンヘッド、ヒゲというノースウェストのザ・ブリューワリーぽい人が特徴。だいたいヘイブロとか、ブラザーとテンション高く迎えてくれて、お、おう、という感じになるのは、嫌いではない。

f:id:washingtonshu:20170122160303j:image

店の奥には店名の通り、デカいスピーカーがある。今日はコメディショーがあるみたい。一度重低音のきいた音楽がかかってる時があってシビれた。
f:id:washingtonshu:20170122160319j:image

レコード棚的な柄の壁照明。 
f:id:washingtonshu:20170122160329j:image

醸造所と向かい合いながら飲める席もある。
f:id:washingtonshu:20170122160346j:image

Sitra IPA、もう少し重さがあってもいいかなということで。
f:id:washingtonshu:20170122171751j:image

Revenna Brewing

Ravenna Brewing Company 

Ravenna という一時シアトル一熱いネイバーフッドと言われたところにあるブリュワリー。University Village というシアトルでベストなショッピングセンターからも歩いて行ける。University Cillage は名前の通りワシントン大学のすぐ隣で、アマゾンが本屋を開店したことでも話題になった。本屋とブリュワリーに一緒に行けるといい休日間違いなし。

入り口。掘っ立て小屋感がなかなかいい。店の写真を見ると夏はこの外の席も大混雑で、ビールを買う行列が外まで続いてるくらい。
f:id:washingtonshu:20170116144544j:image

シアトル市内のマイクロブリュワリーは、オシャレ感は最高で、夏の昼とかに行くのも最高なんだが、ビールをカウンターで買うのでさえ大行列になるのが欠点。

 メニューとタップもそそる。
f:id:washingtonshu:20170116145354j:image

何とこの店はクラウラー (Crowler) 対応。その場でビールを缶詰めしてくれるやつ。今まで見た中では三軒目で、少し余裕もあったのでクラウラーを頼むことにした。

タップから缶にビールを詰めて
f:id:washingtonshu:20170116145534j:image

この機械で栓をクルクルしめて
f:id:washingtonshu:20170116145436j:image

完成。最高。
f:id:washingtonshu:20170116145648j:image

この店の見どころは、店の作り。タップルーム部分一致が中二階のようになっていて、店半分が一階で醸造所になっている。その醸造所がガラス張りになっていて透けて見えるという作り。
f:id:washingtonshu:20170116150018j:image
f:id:washingtonshu:20170116150019j:image

そんなところは見せないだろうけど、仕込んでる風景とか見れたらいいよなと思う。

 味、立地、タップルームともに最高。


f:id:washingtonshu:20170116150356j:image

 

Resonate Brewery

 Resonate Brewery | craft beer and artisanal pizza

Seattle 郊外の都市 Bellevue のこれまた郊外にあるブルューワリー。日本人もよくいるという噂の Factoria というエリアからさらに住宅街にわけ行っていくと、突然さびれたショッピングモールがある。Bellevue というピカピカな都市にあるとは思えないほどのたたずまいで、このモールに来るだけでも価値がある。
f:id:washingtonshu:20170105173750j:image

隣はなんとバッティングセンター。存在自体を忘れてたが、アメリカに来て初めて見た。バッセンで軽く打ってからビール飲みに行くなんてことができる最高の立地。
f:id:washingtonshu:20170105174657j:image

バーもお持ち帰りもレジで頼んで金払う式。ビールメニューのまとめ方がよくてこの時点でもう最高。
f:id:washingtonshu:20170105173837j:image

ピッツェリアということなので皆ピザ食べてる。広々として子供も結構いてファミリーフレンドリー。
f:id:washingtonshu:20170105173933j:image

ビールも普通に美味しかったんだが、立地のポイントが高く最高評価。イーストサイドでは今の所ベストブリューワリー。


f:id:washingtonshu:20170114165758j:image