ワシントン酒

アメリカ ワシントン州 シアトル在住。シアトル近辺のブルワリー巡りがメイン。バンクーバーBCからポートランドの間もカバーしてます。ビール/IPA/ブリュワリー/シアトル/グラウラー/クラフトビール @washinshu

Bushnell Craft Brewing Company

Bushnell Craft Brewing Company

Redmond 近辺のブリュワリーでは珍しく、料理も食べられるブリュワリー。ダウンタウンレドモンドからも近く、シアトルやベルビューからのバス停も近く行きやすい。

場所は、小さいモールにひっそりとある。

f:id:washingtonshu:20170326133426j:image

自転車の街レドモンドだけあって、ここも自転車置き場がある。暖かく、天気もよかったので、この日は自転車で。
f:id:washingtonshu:20170326133439j:image

入ってすぐのカウンターで何となく頼む式。カウンターと椅子は、ちょっとした田舎のスナック風で好感が持てる。
f:id:washingtonshu:20170326133504j:image

メニューの並べ方はかっこいい。
f:id:washingtonshu:20170326133521j:image

店は細長くなかなか居心地はいい。
f:id:washingtonshu:20170326133537j:image

Nintendo USA のお膝下のせいか、懐かしの Nintendo 64 もある。少し古いが、XBOX 360もある。もし中学生だったら確実にプレイしてたな。
f:id:washingtonshu:20170326133549j:image

ここのいいところは、グラウラーのキャップを付け替えてくれるところ。頼んだ IPA のキャップになった。
f:id:washingtonshu:20170326133558j:image

料理もあるし、テラス席もあるし、フレンドリーだし、好きなんだが、いかんせん IPA がもったりしていてあまり好きな味ではない。
f:id:washingtonshu:20170326133618j:image

 

Black Raven Brewing Company

Black Raven Brewing Company

 

イーストサイド個人的3大ブリュワリーのひとつ。食べ物はないので、常にフードトラックがいる。Hi-Fi Brewing のすぐ近く。
f:id:washingtonshu:20170319153847j:image

入ってすぐレジがあって買えるので初心者にも分かりやすい。
f:id:washingtonshu:20170319153903j:image

カウンターすぐ前にあるタップでいれてくれる。
f:id:washingtonshu:20170319153916j:image

子供は入れないので、アダルトな雰囲気。
f:id:washingtonshu:20170319153939j:image

ずんずん奥に進むと別のカウンターが。今回しっかり探索して初めて知った。
f:id:washingtonshu:20170319153956j:image

さらに行くと立ち飲みができたり歴史が書いてあったり、ちょっとした醸造スペースが。すごい勢いで拡張してきたことが分かる。2016年は8800バレル。1バレル117リットル。一杯5ドルとして、ざっくり10億円という規模。昨日の Big Block Brewing が月に20バレルと言っているので、40倍弱か。すごい。 
f:id:washingtonshu:20170319154010j:image
f:id:washingtonshu:20170319154019j:image

ド定番の Trickster IPA、新しい Squawker IPA、どちらも安定感のある味でさすが3大ブリュワリーですわ。
f:id:washingtonshu:20170319160826j:image

Big Block Brewing

Big Block Brewing

サマミッシュ湖の東側、なかなかの田舎にあるブリュワリー。車やエンジンがテーマの店で、田舎、音楽はハードロックと、オシャレくさいシアトルのブリュワリーとは対極にある。ここはアメリカだと実感させてくれる。

入り口から車の部品とか荒々しい雰囲気が。
f:id:washingtonshu:20170318140830j:image
場所はザ・田舎のモール。
f:id:washingtonshu:20170318140756j:image

カウンターで何となく注文する式。品揃えは結構いい。
f:id:washingtonshu:20170318140848j:image

車。
f:id:washingtonshu:20170318140902j:image

道路標識など。
f:id:washingtonshu:20170318140916j:image

夏はこのテラス席も開放されるようで気持ちよさそう。
f:id:washingtonshu:20170318140927j:image

意外にもレイクビュー。シアトルの近辺で湖が見えるブリュワリーなんてここだけかもしれない。穴場。
f:id:washingtonshu:20170318140938j:image

アメリカのマッチョな雰囲気にやられてしまい、やや評価は低い。
f:id:washingtonshu:20170318140948j:image

Schooner Exact Brewing Company

Schooner Exact Brewing Company

シアトルの南の方でダウンタウンから外れてるので、車で行きやすい。グローサリーで缶ビールを結構見かける。というのが特徴か。

店の前にはテラス席があって夏には賑わっている。冬、初春だとさすがに誰もいなかった。
f:id:washingtonshu:20170312154336j:image

スッキリしたカウンター。カウンターの端がレジになってて、そこでなんとなく頼む式。IPAは、レギュラーで2つ、シーズンものが1つ、IIPAが1つと充実の品揃え。
f:id:washingtonshu:20170312154310j:image

前は缶ビールを売ってる冷蔵庫があったが、それもなくなって広々とスッキリした。
f:id:washingtonshu:20170312154322j:image

少し仕切りがあって、レストランコーナーもある。子供も一緒に来てご飯を食べられるのはポイント高い。
f:id:washingtonshu:20170312154346j:image

ここのいいところは、同じ敷地内にこんな感じでワイナリーのテイスティングルームがたくさんあるところ。夏に昼から行って、ビール、ワインをはしごするとか最高すぎる。
f:id:washingtonshu:20170312154357j:image
f:id:washingtonshu:20170312154413j:image

ビールの注ぎが甘かった(Georgetown の完璧なグラウラーを見た後だったから気になった)のと、普通なIPAだったのがマイナスで、IPAの種類の多さと周りのワイナリーがプラス。
f:id:washingtonshu:20170312154432j:image

Holy Mountain Brewing Company

Holy Mountain Brewing Company

 

Alexa にシアトルでベストなブリュワリーはどこ?と聞いたら答えてくれたところ。あまり行く機会はない地域だけど、今度 Expedia 本社が移動する地域だから、今後熱くなるかも。

入り口は素人を拒むかのようななかなかの要塞風。

f:id:washingtonshu:20170311180109j:image

入ってみると廊下が。少し緊張感はやわらぐ。この方式は、ブリュワリーでちょくちょく見る気もする。
f:id:washingtonshu:20170311180134j:image

グラウラーはレジで注文する式。
f:id:washingtonshu:20170311180234j:image

レジから左を見る。ファミレス席みたいなのがある。子供はNG。
f:id:washingtonshu:20170311180248j:image

奥まで行く。
f:id:washingtonshu:20170311180300j:image

全体像を見ると、右下の一部のみがタップルームとして使われてるようで、まだまだ可能性を感じます。
f:id:washingtonshu:20170311180312j:image

こだわりのブリュワリーと聞いてはいたが、なんとIPAはない。やむを得ず Pale Ale を頼む。Pale Ale なのにこの黄色さは何だ!
f:id:washingtonshu:20170311180327j:image

グラウラーにはオシャレなタグをつけてくれた。
f:id:washingtonshu:20170311180344j:image

IPAはないわ、グラウラー1杯で22ドルするわ、辺鄙な所にあるわ、そんなにいい点はなし。タップルームの雰囲気がよかったのが救いかな。
f:id:washingtonshu:20170311180416j:image

Georgetown Brewing

Georgetown Brewing

おそらくシアトル界隈のレストラン、バーで一番目にするManny's Pale Ale を作っているブリュワリー。Georgetown というやや場末感のある街にある。

建物は倉庫風でかっこいい。
f:id:washingtonshu:20170305171714j:image

壁が鉄板だったり、入り口は黄色と黒の巨大な扉だったりインダストリアル!という趣き。
f:id:washingtonshu:20170305171720j:image

システマティックなカウンター。グラウラーの方、ケグの方、立ち飲みの方というように別れている。
f:id:washingtonshu:20170305171807j:image

ここは少し特殊で、グラウラーにビールがすでに入れられた状態で売られている。最初にグラウラー代を払うと、次回は空きグラウラーを持っていって、新しいセットを買う。その時はビール代のみ、という仕組み。なので、自分のグラウラーを持ってくと手数料みたいなのが取られてしまう。

何でかなー、と思ってたらベストな状態のグラウラーをあらかじめ用意してますということらしい。確かに隙間もなく上までびっちりビールが入ってる。実際フレッシュで美味しい。
f:id:washingtonshu:20170306172416j:image
奥に醸造所、広い。
f:id:washingtonshu:20170305171818j:image

奥から入り口を見たところ。
f:id:washingtonshu:20170305171833j:image

ここはシャツとかグッズ類が充実している。赤ちゃんの服まで売ってるし。
f:id:washingtonshu:20170305171849j:image

ベストなグラウラーというのは面白くて美味しいのだが、仕組みを理解できるまで少し戸惑ってしまった。ということで、マイナス1。

(2017/05/15 更新)

車での行きやすさからほぼ毎週行くようになった。通えば通うほど、グラウラーが最高、レギュラーのIPAも最高、単発の IPA も最高というのが身にしみて分かり、最高のブリュワリーですわ。


f:id:washingtonshu:20170516163011j:image



Floating Bridge Brewing

Floating Bridge Brewing

ワシントン大学近くで、こんな所にあったのかというくらい盲点だったところ。2016年オープンだから確かに新しい。45th Street といういつも渋滞してるような道沿いだったけど意外と行きやすい。

平屋でかどに位置している。

f:id:washingtonshu:20170226162820j:image

レジで一律で注文する方式。すぐ横にタンクがあるのは新鮮。
f:id:washingtonshu:20170226162840j:image

このシンプルな作りとカラーリング素晴らしい。ビールをついでくれてる人の体型も素晴らしい。
f:id:washingtonshu:20170226162851j:image

いい感じの行列。土曜18時のゴールデンタイム。
f:id:washingtonshu:20170226162924j:image

そのままタンクがある。このダイレクト感!
f:id:washingtonshu:20170226162946j:image
f:id:washingtonshu:20170226163001j:image

少し小上がりみたいになったところにはシャッフルボードが。カーリングみたいなゲーム。その他団体さんも盛り上がってた。
f:id:washingtonshu:20170226163020j:image

ブリュワリーの名前の通り浮橋の古い写真が飾ってある。背景からしてI-90の方の浮橋ぽい。世界で2番目に長い浮橋。
f:id:washingtonshu:20170226163029j:image

IPA の味も理想的な柑橘系の味。しかも店の落ち着ける感が今までないくらいすごい。1人客も結構いて、干渉されない感じ、子供もウェルカムな感じ、醸造所も含めたオープンな感じ、どこをとっても素晴らしい。
f:id:washingtonshu:20170226163044j:image