ワシントン酒

アメリカ ワシントン州 シアトル在住。シアトル近辺のブルワリー巡りがメイン。バンクーバーBCからポートランドの間もカバーしてます。ビール/IPA/ブリュワリー/シアトル/グラウラー/クラフトビール @washinshu

シアトル ベスト ブリュワリー

シアトルエリアのブリュワリーのリスト。

f:id:washingtonshu:20170226162851j:image

ビール大好きなので、基本的に評価は甘め。個人的トップ5は次の通り。

  1. Floating Bridge Brewing - ワシントン酒
  2. Perihelion Brewery - ワシントン酒
  3. Georgetown Brewing - ワシントン酒
  4. Optimism Brewing - ワシントン酒
  5. Cloudburst Brewing - ワシントン酒


f:id:washingtonshu:20170514174141j:image
5 Star (ここに行くために近くに引っ越したい)

Downtown Seattle

Capitol Hill

University District

Ravenna

Beacon Hill

Georgetown

Ballard

Bellevue

Kirkland

Redmond

Tukwila

Kent

Auburn

Portland


f:id:washingtonshu:20170514174218j:image
4 Star (ここに行くために用事を作りたい)

Downtown Seattle

Capitol Hill

Industrial District

Georgetown

Bellevue

Redmond

Woodinville

Renton

Kenmore

Everett


f:id:washingtonshu:20170514174232j:image
3 Star (近くに行ったらよりたい)

Georgetown

Interbay

Redmond

Sammamish

Woodinville


f:id:washingtonshu:20170514174253j:image
2 Star (もしかしたらまた行くかもしれない)


f:id:washingtonshu:20170516171415j:image
1 Star (多分二度と行かない)

Belltown

 

 

Icicle Brewing Company

Icicle Brewing Company

シアトルドイツ村こと、レベンワースにあるブルワリー。シアトルからは車で2時間くらい。冬はスキー場のある峠を越えるので少し覚悟が必要である。

ドイツ村にはドイツ風の建物が並んでいるので(ドイツには行ったことないし、東京ドイツ村に行ったことがある程度なので、よく知らんけど)ここもドイツ風の建物。ヒュッテ!と声に出して言いたくなる。
f:id:washingtonshu:20190112162000j:image

雪国で背景の山が雪をかぶっていて美しい。

f:id:washingtonshu:20190112162023j:image

真冬なのに、ビール注文の行列が外までのびていた。

f:id:washingtonshu:20190112162055j:image

ニギニギしていて盛り上がる。Icicle (つらら) というだけあってタップのハンドルが透明の氷柱風でおもしろい。

f:id:washingtonshu:20190112162112j:image

1階はほぼカウンターだけくらいで意外と狭い。

f:id:washingtonshu:20190112162139j:image

2階にまあまあ席がある。ふわふわしたところにスクリーンがあって、皆シーホークスの試合を見てフィーバーしていた。f:id:washingtonshu:20190112162201j:image

2階の席を別角度から。ヒュッテ!と言いたくなる。

f:id:washingtonshu:20190112162227j:image

冬でもテラス席が結構しっかりしている。火もあるし、晴れてさえいれば結構快適そう。f:id:washingtonshu:20190112162246j:image

ドイツ村の全体がいい雰囲気だし、このブルワリー自体も調和がとれているし、言うことなし。f:id:washingtonshu:20190112162434j:image

Big Block Brewing - Redmond

Big Block Brewing

個人的にあまり評価していなかったブルワリーのまさかの2号店。しかも、2つ持っているグラウラーのうちの1つだった Hi-Fi Brewing が閉店した跡地にできるという。ただ店員がフレンドリーで優しくて最高にいい。

その点は魅力的だけど、一般的には現代的なおしゃれなブルワリーではなく、昔ながらの車をベースにしたマッチョ文化が好きなのかというショックを受けた事例でもある。

Hi-Fi Brewing からのおなじみの場所だが、テラス席もできて随分作り変えた感じがある。f:id:washingtonshu:20181231172759j:image

入ってすぐ。直でカウンターがあるわけではなく壁があって、この時点で以前の Hi-Fi Brewing の面影がなくなっていて、少し寂しい。

f:id:washingtonshu:20181231172823j:image

f:id:washingtonshu:20181231172855j:image

壁を越えていくとカウンターが。基本的に席についてから、店の人が来てくれて頼む式。

f:id:washingtonshu:20181231172920j:image

私の愛車はマスタングなので、こんなマスタングのミニカーが飾ってあると嬉しい。

f:id:washingtonshu:20181231173017j:image

IPA.
f:id:washingtonshu:20190101153815j:image

アメリカの現代のモダンな軽いデザインが好き勢からすると、このマッチョ感に満ちたブルワリーに変わったというのは敗北感があるのだが、ビールは普通に美味しいし、店員はいいし、普通に最高なんだよなあ。f:id:washingtonshu:20181231183041j:image

シアトル ベスト 缶ビール

ブルワリーに行くだけではなく、グローサリーやリカーショップでビールを買う楽しみもある。そこで、シアトルで買える缶ビールを紹介したい。(瓶ビールが主流だとは思うが、軽さやデザインからも普段缶ビールしか飲んでいないし、モダンなブルワリーはだいたい缶ビールなので、ここでは缶ビールに限定する)

  1. Sound Brewery - Liberty IPA

    シアトルからフェリーで渡った対岸にあるブルワリーのビール。缶の見た目が古臭いが、いざ買ってみると、フレッシュな味でとてもおいしい。6缶パックがほぼ確実に一晩でなくなる。甘めな正統派なIPAでバランスがいい。
    f:id:washingtonshu:20181201182301j:image

  2. Bale Breaker Brewing - Top Cutter IPA

    シアトルから車で3時間弱のヤキマ近くにあるブルワリー。もともとホップ農家だけあって、ホップがきいた苦目のビール。ここの缶はどれもデザインがかっこいい。好きで買っているうちにどんどん勢力を伸ばして、最近ならほぼどこの店でも売っているくらい。
    f:id:washingtonshu:20181201182328j:image

  3. Fremont Brewing - Interurban IPA

    シアトルを代表するビール。あまりに定番すぎてあまり飲んでいなかったが、試してみるとこれも苦味が強くてなかなかよい。これもほぼどの店でも売っているという手に入りやすさが魅力。
    f:id:washingtonshu:20181201182338j:image

  4. Silver City Brewery - Tropic Haze IPA

    手に入りやすい Hazy IPA なので、おすすめ。これも、Sound Brewery と同じようにフェリーで渡る対岸にある。
    f:id:washingtonshu:20181201182352j:image

  5. Aslan Brewing - Batch 15

    カナダの国境に近い Bellingham にあるブルワリー。Bellingham はブルワリーが多くあるので、ブルワリー巡りに行きたい街でもある。このビールは少し Hazy っぽくてフルーティー。
    f:id:washingtonshu:20181201182407j:image

  6. Fremont Brewing - Head Full of Fresh Hops

    これも Fremont Brewing. Head Full of Dynomite や Head Full of Fresh Hops といった名前の Hazy IPA をちょこちょこと出していて、どれも美味しいので、見つけたら即買いしたい。

    f:id:washingtonshu:20181201182442j:image

Hellbent Brewing Company

Hellbent Brewing Company

シアトルの Lake City というザ・郊外で、カーディーラーとかが並ぶようなところにある。ソーラーパネルがあって、オシャレな木の作りで意外にもシティ感がある。
f:id:washingtonshu:20181021143747j:image

中はブルワリーというよりは、パブっぽくタップルーム中心な作り。
f:id:washingtonshu:20181021143815j:image

シャンデリアとアメフト。天井が高くて、ほぼ満席で盛り上がっていて、いい雰囲気。
f:id:washingtonshu:20181021143859j:image

外のテラス席は素晴らしい。ホップがわさわさと生えている。
f:id:washingtonshu:20181021143926j:image

f:id:washingtonshu:20181021144001j:image

Lake City という立地上、ローカルの人が多くて、少し慣れない感じがあったかもしれない。少し通って慣れれば最高そう。f:id:washingtonshu:20181021144102j:image

Bosk Brew Works

Bosk Brew Works

Woodinville の新しいブルワリー。TriplehornDirty Bucket と歩いて行けるくらいの場所。

定番の、オフィスとか倉庫みたいな建物の一画にある。
f:id:washingtonshu:20181008152451j:image

入り口に入ると巨大なジェンガがあった。ドイツ系のブルワリーだからか、オクトーバーフェストおし。

f:id:washingtonshu:20181008152509j:image

店内はスッキリしてていい雰囲気。クラウラーもある。
f:id:washingtonshu:20181008152525j:image

この大きい黒板というのはいい。
f:id:washingtonshu:20181008152558j:image

ミニマム。
f:id:washingtonshu:20181008152611j:image

横には醸造スペースが広がっている。
f:id:washingtonshu:20181008152755j:image

醸造スペースには、卓球台があって広々としている。
f:id:washingtonshu:20181008152852j:image

さらに外からも直接つながっている。10月だったらぎりぎりだけど、夏だとこの広々した開放感は最高だろう。
f:id:washingtonshu:20181008152914j:image

最近 Woodinville にできるブルワリーはレベルが高くてありがたい。f:id:washingtonshu:20181008152936j:image

 

Good Brewing Co.

Good Brewing Co.

Woodinville の新しいブルワリー。ストリートビューを見ると違うブルワリーの看板が出てるので、居抜きで違うブルワリーになったということのようである。ブルワリーが盛んな地域だと、閉店することがあっても悲観せず新しいブルワリーを楽しめるというのも素晴らしい。

奥まったところにあって、殺風景な建物。これぞワシントンのブルワリー。
f:id:washingtonshu:20180807162041j:image

森の中に看板が立っていて、かろうじて分かるくらいの田舎。
f:id:washingtonshu:20180807162108j:image

見渡すとこんなド郊外の景色が。けども、最近のシアトルの住宅バブルにより、新興住宅地が近くにポコポコと建っていた。
f:id:washingtonshu:20180807162147j:image

メニューはディスプレイにて。まだまだ雑然としている感はある。
f:id:washingtonshu:20180807162221j:image

内装は完成度が高くおしゃれ。
f:id:washingtonshu:20180807162256j:image

f:id:washingtonshu:20180807162315j:image

田舎なので、パティオ席も当然ある。
f:id:washingtonshu:20180807162342j:image

まだまだ作業中という風情で今後も楽しみ。
f:id:washingtonshu:20180807162405j:image

今の何もない郊外に突然ある感じもいいし、このシアトルの高度成長期が続いて新興住宅地に飲み込まれてしまうのもこれまた一興。
f:id:washingtonshu:20180807162450j:image